ラジコンJ
お問い合わせリンクラジコンJ

全100回に渡る超大作

西遊記

西遊記と言えば三蔵法師が暴れん坊の猿である孫悟空を弟子にし、他に二人の仲間を得て天竺を目指す冒険活劇ストーリーです。ですがそれは物語の全てではありません。

こちらではそんな西遊記の原典について軽く触れてみようと思います。


西遊記という物語

皆さんは西遊記と聞いてどんな物語を思い起こしますか?
徳の高い僧侶である三蔵法師が三匹の妖怪を弟子に引き連れ、様々な妨害に遭いながらも天竺までありがたいお経を取りに行く。おおまかなところはそんな感じでしょうか。
西遊記は中国四大奇書のうちの一つで、16世紀に記された中国の伝奇小説です。中国の学校では必ず教わり、また日本で最も知名度の高い中国文学でもあります。著者は長らく呉承恩という人物と考えられていましたが、現在ははっきりそうだと言う事は出来ないそうです。

あまりにも有名すぎる故に

西遊記をモチーフとした作品は日本国内のみでも数知れず、有名な所では超大作の某漫画などが挙げられます。そうでなくとも熱血漢の主人公・冷静な副官・お調子者の三枚目という組み合わせは物語を展開する上でも使いやすく、意識せずともその様な形になっているものは無数にあるのではないでしょうか。

そのような事からも窺い知れるように、西遊記は伝記物という他にヒーロー物という側面がとかくクローズアップされがちですが、実は当時の中国の社会や役人の腐敗を風刺した作品だという事はあまり知られていません。

昔読んだ昔話の西遊記を思い起こしながら、今度は西遊記の訳書などを読んでみるのも面白いかもしれませんね。

フィクション? ノンフィクション?

もちろん仏様や妖怪が出てくるお話ですので、大半がフィクションである事は間違いありません。また、西遊記の中に登場する人物には実在の人物が使われている事がありますが、書かれている内容については史実とは異なると言われています。

ですが完全にフィクションかと言うとそうではなく、少なくとも玄奘(三蔵)法師という人物がインド(天竺)まで行って仏教を学んで戻ってきたのは事実であるようです。伝記というフィクションと社会風刺というノンフィクションを上手く交えて織り成された物語だからこそ、ここまで人々に愛されたのかもしれませんね。

「西遊記」参考サイトの紹介
西遊記 天竺への旅
メインキャラクターである四人についての他、敵妖怪などについてもかなり掘り下げて書かれているサイトです。ストーリーの魅力や文学としての西遊記についても詳しく書かれていますので、西遊記に興味のある人なら端から端まで余すことなく楽しめます。

 

その他のコンテンツの紹介
西遊記の概要 西遊記 天竺への旅
こちらはサイトのトップページです。各ページへの案内だけでなく、そこかしこに西遊記好きには見逃せない情報が散りばめられています。トップページから溢れんばかりの西遊記への思いを感じ取って下さい。
西遊記の主要登場者
西遊記の主人公達とも言える四人のキャラクターについて書かれているページです。ここから更に一人一人掘り下げていったページに飛べますので、かなりのボリュームとなっています。貴方の好きなキャラクターには一体どんな事が書かれているでしょうか。
西遊記主人公以外の登場人物 西遊記
昔話の西遊記では存在せず、原典でしか出てこないようなマニアックなキャラクター達が紹介されています。中国文学に詳しい人なら、どこかで見たことのあるような名前もあるかも?


ラジコン
<a href="http://rc-j.org/" target="_blank"><img src="http://rc-j.org/img/banner.gif" alt="ラジコン" width="88" height="31" border="0"></a>

ラジコンJ

<a href="http://rc-j.org/" target="_blank">ラジコンJ</a>

広告掲載